TOP>診療内容・費用>矯正歯科

矯正歯科とは

矯正治療とは、歯並びや歯の位置を正しい位置に戻すための治療です。 歯科医師によるカウンセリングをおこない、専門的な治療を受けていただくことができます。
患者様の中には出っ歯、受け口、デコボコの歯(乱杭歯)などでお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。
矯正治療をすることにより、キレイな歯並びになる事はもちろん、それ以外にも、より噛める。発音障害が改善される、調和の取れた顔立ちになる等さまざまな利点があります。


矯正歯科の種類

マウスピース矯正法(クリアライナー)
ワイアー矯正法
セラミックス矯正法
部分矯正法(MTM)

▼マウスピース矯正法(クリアライナー)

●「見えない矯正」クリアライナー  透明な歯の矯正装置
歯の矯正装置が『目立つ』という非審美的側面に対する解決策の一つとして、舌側からの矯正装置(リンガルブラケット)が私用され、 審美的観点から評価を得ています。
しかし、痛み・違和感・歯のエナメル質の破壊・むし歯になりやすいなどの問題もあります。
しかし、このたび導入された「クリアアライナー」は、透明のマウスピースにより矯正治療を行い、従来の治療概念を根本から変えることになりました。
厚さ1ミリ程の透明のプラスチックでできたマウスピースが、早く・痛みもなく・美しい歯並びを実現できるのです。

 


▼クリアライナーとは
ブラケットやワイヤーを使わない透明なラミネートで作製されたマウスピース型の最新の見えない矯正装置です。
透明なので治療中も全く目立たず、また取りはずし可能なので食事に取り外せるなど、患者さんにとって大きなメリットをもたらしています。
製作過程にコンピューター等を使用し、正確でかつ画期的な矯正装置です。有名な女優さんも、歯の矯正治療に「クリアアライナー」を使用しています。

ブラケット装着時 クリアアライナー装着時
 
◆クリアアライナーのメリット

〔槊たない!
⊆茲螻阿靴可能!
D砲澆少ない

   
●クリアライナーの適用例 ●クリアライナーができない例
  • 前歯の空隙閉鎖
  • 転位改善
  • 前歯の歯列拡大と縮小
  • 後戻り症例など
  • 多数歯にわたる歯列不正
  • 歯の移動のためのスペースがないケースなど

▼クリアライナーの特徴
  • 矯正力は、材料であるラミネートの弾力性と咬合力により発現します。
  • 歯冠全体と歯肉の一部を覆う構造のため、歯の移動が効果的に行われます。
  • 基本的に3週間で1mm以内の移動を1段階とし、さらに各段階毎に新しいマウスピースを使用することによって患者様の痛みを軽減させ、装着感をよりよくします。
  • 各段階ごとに歯形(印象採得)をとり、調整した模型から装置を作製します。
  • コンピューター等を利用することにより、歯の移動量を精密に計測することができます。
※クリアライナーに関する文献を参考


▼ワイヤー矯正法(マルチブラケット法)

歯に器具を取り付け、ゆっくりと動かしていきます。歯を削らずに美しい口元を手に入れたい方に最適です。 ワイヤー矯正法には主に以下のものがあります。

メタルブラケット(金属の矯正装置)

最もオーソドックスな矯正装置で、強度と安定感に優れており、治療費も安く抑えることができます。 昔に比べると装具や接着剤の進歩で目立たなくなりましたが、他の矯正装置に比べると 少し目立ってしまうのが欠点です。

セラミックブラケット(透明の矯正装置)

白いセラミックを用いた審美性に優れた矯正装置で、遠目からではほとんど分かりません。 メタルブラケットに比べると少々割高になりますが、治療期間はほとんど変わりません。



▼セラミックス矯正法(補綴補正)

ワイヤーやマウスピースを用いたりせずに、歯を削って、セラミックスのかぶせ物で、きれいな歯並びを実現する方法です。前歯などが2〜3本程、歯並びの悪い歯をきれいな歯並びにしたい方や、治療にあまり時間がかけられない方に最適な方法です。治療に際しては、歯の軸の向きや、大きさを改善する為に神経を取り、土台を入れて、セラミックスのかぶせ物をすることが必要となる場合があります。自分の歯を削るという欠点はありますが、費用の面では、他の矯正法より安価で、治療期間の面でも短期間で終えられるので、かなりおすすめです。
※歯ぎしりの強い方や、歯周病がひどい方、咬み合わせの状態などにより治療できないこともあります。

術前 術後

左側の一番目の前歯が唇側に傾いて変色しています

左側の前歯が右側と同じ位置になり色も良くなりました




▼部分矯正法(MTM)

前歯に広く隙間がある歯を改善したり、傾いてしまった歯を正常な位置に戻したり、埋まってしまった歯を引っぱったりと、部分的には並びを改善するための矯正法です。

治療には、ワイヤー矯正法と同じ装置を部分的につけて行いますが、部分的につけるので、あまり目立ちません。
部分矯正をすることで、審美的な改善はもちろんのこと、かぶせ物やブリッジや部分入れ歯を入れるスペースがない場合の、スペース確保にも応用できます。
全体的に歯並びが悪くなく、部分的に歯並びが気になる方に最適な治療法です。